SCSK FORUM 2024 | 「デジタル×人」の可能性を創造する人的資本経営

  • 【基調講演】一橋大学CFO 教育研究センター⻑ 伊藤 邦雄 氏
  • 【特別講演】慶応義塾大学医学部 教授 宮田 裕章 氏
  • 【招待講演】KIT虎ノ門大学院 教授 早稲田大学ビジネススクール 客員教授 三谷 宏治 氏
  • SCSK株式会社 情報システム本部 技術戦略本部 副本部長 堀井 大砂
  • SCSK株式会社 技術戦略本部 デジタル推進部 部長 工藤 修一
  • 株式会社 Insight Edge 代表取締役CEO 小坂 順一 氏
  • 株式会社 Insight Edge 戦略企画部 General Manager 森 昭斗 氏
  • SCSK株式会社 技術戦略本部 本部長 福井 勝史

主催者挨拶

今回で10回目を迎えるSCSK FORUM 2024のテーマは、『「デジタル×人」の可能性を創造する人的資本経営』としました。 激動の時代において、さらなる成長に挑む企業の皆様に向け、改革のヒントとなり得る洞察をお示しし、
サステナブルな取り組みの実現やビジネスの発展に少しでもお役立てできましたら幸いです。

SCSK株式会社
代表取締役 執行役員 社長

當麻 隆昭

基調講演/特別講演/招待講演

基調講演 13:10〜予定 人が創る価値、日本企業の人的資本経営の深化

本講演では、人的資本経営の視点から日本企業が直面する課題について、企業価値の持続的な向上を目指す戦略を解説いただきます。経営の核となる人材について、個々の社員の潜在能力を最大限に引き出し、人的資本の強化が経営品質を如何に向上させるのかを探ります。また、日本企業が世界で勝ち抜くための人材育成とリーダーシップの方向性、必要な組織変革への示唆をいただきます。

一橋大学CFO 教育研究センター⻑ 
伊藤 邦雄

1975年一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院商学研究科長・商学部長、一橋大学副学長を歴任。中央大学大学院戦略経営研究科特任教授。商学博士(一橋大学)。経済産業省プロジェクト「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」では座長を務め、最終報告書(伊藤レポート)は海外でも大きな反響を呼び、その後の日本のコーポレートガバナンス改革を牽引した。経済産業省「コーポレート・ガバナンス・システム研究会」委員、内閣府「未来投資会議・構造改革徹底推進会合」委員、東京証券取引所「企業価値向上表彰制度委員会」委員長、経済産業省・東京証券取引所「攻めのIT経営銘柄」選定委員長、日本取締役協会「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー」選考委員、経済産業省「トランジション・ファイナンス環境整備検討会」座長、TCFD(気候変動財務情報開示)コンソーシアム会長、人的資本経営コンソーシアム会長などを務める。

特別講演 14:00〜予定 「人とビジネスの可能性」を創造する Better Co-Being

急激にテクノロジーが進歩する社会の中で、どのようにデータと向き合い、改めて「人」の可能性を創造することができるのか。
IT市場においても「人」の可能性を拡げ、ビジネスの成長を促すために、データと共鳴することが求められています。
持続可能な未来を実現する共創社会(Better Co-Being)を実現するために、今私たちに何ができるのか、お話します。

慶応義塾大学医学部 教授 
宮田 裕章

データサイエンスなどの科学を駆使して社会変革に挑戦し、現実をより良くするための貢献を軸に研究活動を行う。専門医制度と連携し 5000 病院が参加する National Clinical Database、LINEと厚労省の新型コロナ全国調査など、医学領域以外も含むさまざまな実践に取り組む。それと同時に、アカデミアだけでなく、行政や経済団体、NPO、企業などさまざまなステークホルダーと連携して、新しい社会ビジョンを描く。宮田が共創する社会ビジョンの 1 つは、いのちを響き合わせて多様な社会を創り、その世界を共に体験する中で一人ひとりが輝くという“共鳴する社会”である

招待講演 14:50〜予定 あるぞ、ヒトの可能性!AI時代に活躍できる人材 決める力と発想力の鍛え方

イノベーションとはどんな現象なのだろうか? 生命のそれを考えれば、最大のものはヒト(ホモ・サピエンス)の誕生とその発展と言える。しかしそこに現れた生成AIたちは、その次世代なのだろうか。生成AIの衝撃とその危うさ、そして弱点を考えることで、ヒトの可能性が見えてくる。しかしそれは簡単な道ではない。発想力と決める力を個人レベルでどう高めていけるのかが勝負だ。

KIT虎ノ門大学院教授/
早稲田大学ビジネススクール客員教授
 
三谷 宏治

東京大学 理学部物理学科卒業後、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、アクセンチュアで19年半、経営コンサルタントとして働く。92年 INSEAD MBA修了。2003年から06年 アクセンチュア 戦略グループ統括。2006年からは子ども・親・教員向けの教育活動に注力。現在は大学教授、著述家、講義・講演者として全国をとびまわる。KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授の他、早稲田大学ビジネススクール・女子栄養大学 客員教授。放課後NPO アフタースクール・NPO法人 3keys 理事を務める。『経営戦略全史』(2013)はビジネス書2冠を獲得。永平寺町ふるさと大使で、前田工繊 社外取締役。

分科会

基調講演 特別講演 招待講演後、分科会を同時配信! 16:00〜同時配信予定基調講演 特別講演 招待講演後、分科会を同時配信! 16:00〜同時配信予定

「あるぞ、AIの可能性!」AIとともに進化する開発プロセス ~ AI駆動ローコード開発 ~

生成AIの登場によりシステム開発は単なる効率化に留まらない変化が起きつつあります。従来の生産性の向上に留まらず、開発プロセス全体にわたる変革へとシフトしています。本セッションでは、SCSKにおけるAI駆動開発への取り組みを交えてご紹介します。

SCSK株式会社
技術戦略本部 副本部長

堀井 大砂

堀井 大砂

96年入社後、社内システムの企画・開発・運用に従事。開発支援部門でローコード開発基盤のプロダクトマネージャやITアーキテクトとして生産性向上に取り組み、現在は生産技術部門にてAI駆動開発を担当。

「あるぞ、技術の可能性!」 SCSK R&D ~ 未来展望2030 ~

IT技術は私たちの生活を豊かにし、新しい価値を生み出す源泉です。本セッションでは、2030年のビジネス環境や社会を見据え、SCSKの研究開発部門が取り組む、未来の技術革新につながる可能性のある技術(AI、量子コンピューティング、XR等)をご紹介します。

SCSK株式会社
技術戦略本部 デジタル推進部 部長

工藤 修一

工藤 修一

インフラエンジニアとして、多数の顧客システム設計と導入を経験した後、R&D部門で先進技術の研究開発に従事する。その後、モビリティ事業部門で車載OS関連の研究やサービス開発を実施。2023年からは技術戦略本部でAIの活用推進を担当している。

「あるぞ、DXの可能性!」 AI×DX最前線 ~ DX現場における生成AIの活用 ~

生成AIの登場以来、すでに多くの現場で活用が進んでいます。本セッションは技術戦略本部長の福井と住友商事でDXを推進しているInsight Edgeのメンバーによる対談形式で、生成AIの導入における現場の課題や今後の方向性についてお話します。

株式会社 Insight Edge
代表取締役CEO

小坂 順一 氏

小坂 順一

大手通信キャリアにて20年以上、主にグローバル展開する法人顧客に対してICTコンサルタントとして課題解決型ソリューションを提案・提供。2020年に住友商事DXセンター技術チームに参画。住友商事グループのさまざまな現場課題解決に寄与するDX案件を多数リード。2022年4月28日より代表取締役CEOに就任。

株式会社 Insight Edge
戦略企画部 General Manager

森 昭斗 氏

森 昭斗

大手SI企業に入社。新規事業部門において、ビジネス企画から、PoC実施、システム開発・本番運用まで幅広く担当。その後、AIスタートアップにて、深層強化学習を使った食品加工機械の自動化PJなどをPM兼アルゴリズムエンジニアとして推進。2020年7月、Insight Edgeに参画。2023年度より戦略企画部GMとして、生成AIを始めとした提供機能・ソリューションの拡充に従事。

SCSK株式会社
技術戦略本部 本部長

福井 勝史

福井 勝史

SCSK株式会社に入社後、モバイル・クラウド・ビッグデータなどさまざまな先端系プロジェクトにおいて技術リーダーとして活躍。直近は住友商事のDX内製化組織である株式会社Insight Edge を立ち上げ、同社CTOとして総合商社グループの多数のDXプロジェクトを推進。2023年4月よりSCSK技術戦略本部長として全社技術戦略策定及び推進の責任者を務める。
情報サービス産業協会(JISA) 技術委員会メンバー(2023, 2024) Stanford University Computer forum客員研究員(2009-2010)

お問い合わせ

SCSKグループイベント事務局
E-mail: forum@scsk.jp

※ご質問の回答は、運営時間内の月〜金 9:00〜17:30でメールにてご返信させていただきます。